引越しの豆知識

貸事務所や貸倉庫を大阪・新大阪エリアでお探しならアインエステート

営業時間10:00~17:00定休日土曜日/日曜日/祝日/GW/夏季休暇/年末年始/その他不定休

引越しの豆知識

KNOWLEDGE

解約届は提出済みですか?

 現在、入居されてるオーナー様へ退去する旨を書面等で伝える。

事業用の場合は3カ月、6カ月前など様々です。

ご契約書をご確認下さい。


A_photo01

法務局

本社、支店、それぞれの移転や変更により諸手続きは様々

大阪法務局はこちら>>>電話:06-6942-1481

 

 

 

 

A_photo02
A_illustration02

STEP3.物件選択

仲介業者より紹介を受け、その後ビルを実際に見に行きます。 資料をたくさん集めても、本当に希望に沿ったものなのかは判断できません。資料上ではわからなかったビルのグレード、有効(実効)面積、入居テナントがわかります。 条件面も、実際に見て気に入られてからの方が交渉しやすいこともあります。

 

A_illustration03_a
A_photo03

■NET率■

契約面積には、テナントが共同で使用するトイレ、給湯室、廊下等の共用部と呼ばれる面積が按分して含まれているケースが多い。対して、有効面積、実効面積(NET)の面積の割合をNET率といいます。実際に必要な面積を確保できているかどうか。

A_illustration03_b

■設 備■
光ファイバー、機械警備(セキュリティ-)、OAフロア、エレベーター、パーキング等必要な設備は整っているかどうか。もしくは貸主で付設してくれるのかどうか。

A_illustration03_c

STEP4.お申込み

 

気に入った物件があれば、まず申込書を提出します。
申込書に基づいて貸主は入居審査をします。
条件交渉、希望の確認、身元の証明、保証人の内容、契約日時の確定等、申込書を土台に貸主と借主の意向をすり合わせします。双方合意を得れば、契約書の雛形を確認します。

 

A_photo04
A_illustration04

STEP5.ご契約

 

仲介業者は重要事項物件説明書を作成し、契約内容の重要な事項と目的物件の所有者、抵当権の設定の有無等、登記簿謄本に基づいて説明をします。

 

A_photo05
A_illustration05

 

契約書の内容に納得すれば、契約書の本書を受け取り、捺印・添付書類の提出・保証金(敷金)の入金です。保証金(敷金)の入金日までに契約証拠金(手付金と呼ばれることもあります。)が必要なケースもあります。これは、残金決済時に保証金(敷金)の一部に充当します。 捺印は契約者、保証人とも実印で捺印し、添付書類として印鑑証明を提出します。契約書に捺印し、保証金(入金)をする際には同時に仲介業者へ仲介手数料を支払います。仲介手数料は賃料の1ヶ月分+消費税になります。

A_illustration05_b

STEP6.入居までの手続き

 

入居日が決まったら、引越の手続きです。法人の本社の場合は移転登記申請、新規設立の場合は類似商号確認、オフィス家具の購入、電話、引越業者の選択から手配、移転・事務所開設のお知らせ、名刺の手配等細部の手配が必要です。

A_illustration06
A_photo06
A_illustration06_tb

STEP7.入居

 

荷物の搬入の際は、事前に貸主、管理会社と打ち合わせの上、エレベーターや通路の養生等指示にしたがって進めましょう。

A_illustration07
A_photo07